フィンジアの購入を迷っているあなたの為に!

育毛エッセンス・フィンジアの商品特徴の説明

フィンジアの成分をおさらい

フィンジアの購入を迷っているあなたに!<記事:薄毛の原因・メカニズムのおさらい>で簡単ですが、薄毛の原因について理解できたかと思います。では、今度はフィンジアについて、購入を迷っている人は、配合されている成分についてはすでにご存知だと思いますが、念のためおさらいしましょう。

 

 

 

 フィンジアの成分特徴

フィンジアの成分を抜粋してみましょう。

  1.  キャピキシル5%配合
  2. ピディオキシジル2%配合
  3. カプサイシン
  4. 10種類の毛髪成分

以上の4つがフィンジアに含まれる成分です。その中でも特徴的なのが、1~3番目がこの商品の特徴となります。

 

キャピキシルとは?

 簡単に言うと・・・

 アカツメクサ花エキス」+「アセチルテトラペプチド3」=キャピキシル成分です。

 

この2つの成分を足したものがキャピキシルなのです。そして、この成分それぞれが大変すばらしい効果をもたらされるのです。

 
 アカツメクサ花エキスとは?

 【何者?】4種類のアミノ酸を人工的に合成したもの。
【何をするの?】細胞修復作用が極めて高い。(再生再生そして再生)
【すごい所】切断された四肢や、火傷で痛んだ皮膚の修復に対し、高い細胞復元効果がもたらされる。完全に元通りになる症例もある。(トカゲみたい)

つまり、頭皮の毛根の再生を促す効果が期待できるという事です。

 アカツメクサ花エキスとは?

 【何者?】マメ科の薬用ハーブ
【特徴】アカツメグサの花エキスには「ビオカニンA」という成分が含有されており、「脱毛男性ホルモンDHT」を生成する「5αリダクターゼ還元酵素」を阻害する効果が確認されています。

つまり、薄毛の原因を抑える効果が期待できるという事です。

 

ピディオキシジルとは?

正式名称は、ピロリジニルジアミノピロミジンオキシドとものすごく長い!よく似た成分で有名なのはミノキシジルで発毛効果の高いことは有名です。しかし、ミノキシジルは副作用があるため、その副作用を理解した上で使用しなければならない。

ミノキシジルは医薬品

ミノキシジル(血管拡張剤)
副作用として、頭皮のかゆみ。ニキビ、頭痛、意識もうろう、性的不能、重い低血圧、不整脈など・・・が報告されている。

 

ミノキシジルを使用した製品は育毛剤ではなく発毛剤としての扱いになる為、医師の診断と処方箋が必要となる)

 

 そのミノキシジルを分子構造の一部を組み直し、副作用をなくしたものがピディオキシジルなのである。(副作用がない為化粧品として認定)

 

 

 ここまでが、2大スカルプ成分の説明です。

そしてここからがフィンジアの特徴である「ゲートアクセス理論」 についてお話します。

 

 

カプサイシンの力で2大スカルプ成分を角質層まで浸透させる

カプサイシンといえば、唐辛子の成分。正式名称はカプサシノイドだそうです。カプサイシンは発汗作用や血管拡張作用があります。激辛のラーメンなどを食べると頭皮や顔などの毛穴から汗が吹き出るあれです。

頭皮への作用としては、固くなった頭皮を柔軟にし、毛穴を広げる作用がある。そこへあの2大スカルプ成分が入り込めば、毛根へ届けやすくなるしくみ。これが「ゲートサクセス理論」だそうです。

 

10種類の毛髪成分を配合!

2大スカルプ成分をサポートする有名成分を配合

 1.センブリ:生薬や漢方の成分として使用されてきたもの。毛乳頭活性作用あり。
 2.褐藻:ワカメや昆布に近い。皮膚を柔軟化させる。
 3.パンテノール:細胞活性化し新陳代謝を高める。シャンプーにも使われるヘアケア成分。

 4.ビワ葉:江戸時代からある薬剤。肌荒れ、ニキビの改善。

 5.ヒオウギ:主成分はイソフラボン。髪を作る為に欠かせない女性ホルモンと似た作用がある。

 6.グリチルリチン酸ジカリウム:甘草エキスのこと。かゆみ、フケ防止の効果。

 7.ボタン:牡丹のこと。炎症改善や血行促進

 8.フユボダイジュ花:シナノエキスの花か抽出。血行促進に効果。

 9.ヒキオコシ:エンメイソウとも呼ばれる発毛促進に効果。

10.キハダ樹皮:消炎効果、殺菌効果。

 

以上、ヘアケアメーカーとして実績のある成分の10種類をさらに配合されています。

 

で、さっきから気になってません?育毛剤とか育毛エッセンスとか・・・。ではその違いをあらためて紹介しましょう。

 

育毛エッセンスと育毛剤の違い

簡単に言うとこうなります。

育毛エッセンス(スカルプエッセンス)

 【扱い】化粧品

【特徴】厚生労働省の定めた成分以外でも配合可能で、育毛剤よりもいち早く、最新の成分を配合できる。でも、効果・効能の表示ができない。副作用のデータが浅い。

 

育毛剤

【扱い】医薬部外品

【特徴】厚生労働省の認可を受けられる。お墨付きをもらえるが、成分や配合量に制限を受けてしまう。また、認可申請して許可されるまでに約1年かかってしまうため。その間にも育毛エッセンスはどんどん新しい成分を配合できてしまう。認可が下りるころにはもう古いこともあります。安全性が高い。

 

この両者とも、効果を発揮したい目標は「髪の毛を生やす」なので、これまで育毛剤を使用してきたけど、今一効果が現れなかった人は、最新の育毛エッセンスを試してみるほうがいいと思います。

 

※ここで一つ注意
育毛エッセンスは、社内検査での臨床実験のみの為、第三者の検査はされておらず、副作用の危険はぬぐえない。

でも、よく考えてみると、メーカーさんも会社の利益の為とは言え、お客様に安全でないものを販売するとどうなるかぐらいはわかっているはずです。消費者生活センターに通報を受け、裁判となり、多額の慰謝料や治療費の請求がきて、たちまち会社は倒産してしまいす。

そこで、他の育毛エッセンス剤もそうなのですが「万が一実感でいなければ全額返金します。」という条件がよくあるのはこのリスクがあるからかもしれません。でも、この全額返金がありがたく思うこともあります。

 

 

 

フィンジアのまとめ

フィンジアの成分は、頭皮を「柔軟化」、成分を「浸透」、細胞を「活性化」を考え作られている事がよく分かります。前の【薄毛のメカニズム編】から読み通すと、フィンジアにはなぜこの成分が使われているのかがよく分かると思います。

フィンジアは、育毛剤よりより早く最新の成分を配合できる「育毛エッセンス」として販売している為、これまで「育毛剤」を期待して購入し、長期間使用してみたけど「裏切られた」なんて人には特に試す価値がすっごくあると思いますよ。

 

 

キャピキシル配合のスカルプエッセンス フィンジア